読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

liguofeng29’s blog

個人勉強用ブログだっす。

デザインパターン - Observer

【Observerパターンとは】

オブジェクトの状態変更を他のオブジェクトにお知らせする。

 

Observerパターンのクラス図】

 

Observerパターンのメリット】

観察者が自由に追加できたり・・・

 

【サンプル】

 
Observer.java
package observer;
 
public interface Observer {
public void update(int count);
}
 
 
 
 

Teacher.java
package observer;
 
// 先生クラス
// 先生はsingletonパターン
public class Teacher implements Observer {
private static Teacher t = new Teacher();
 
private Teacher() {
}
 
public static Teacher getInstance() {
return t;
}
 
@Override
public void update(int count) {
if (count >= 5) {
System.out.println("先生が言います。");
System.out.println("5周以上は走らないでね。");
}
}
}
 
 

Student.java
package observer;
 
import java.util.ArrayList;
import java.util.List;
 
// 学生抽象クラス
public abstract class Student {
// 観察者リスト
private List<Observer> observerList = new ArrayList<Observer>();
 
// 観察者追加
public void addObserver(Observer o) {
this.observerList.add(o);
}
 
// 観察者に通知
public void notifyToObservers(int count) {
for (Observer o : this.observerList) {
o.update(count);
}
}
 
// なにかやる
public abstract void done();
}
 
 
 
 

Sato.java
package observer;
 
// satoさん
public class Sato extends Student {
 
private int count = 0;
 
@Override
public void done() {
count++;
 
System.out.println("satoさんが学校" + count + "周走りました。");
 
// 観察者に通知する
super.notifyToObservers(count);
}
}
 
 
 

ObserverTest.java
package observer;
 
public class ObserverTest {
 
/**
* @param args
*/
public static void main(String[] args) {
Student s = new Sato();
 
// satoさんの観察者に先生を追加
s.addObserver(Teacher.getInstance());
 
for (int i = 0; i < 5; i++) {
s.done();
}
}
}
 
 
 
 

実行結果
satoさんが学校1周走りました。
satoさんが学校2周走りました。
satoさんが学校3周走りました。
satoさんが学校4周走りました。
satoさんが学校5周走りました。
先生が言います。
5周以上は走らないでね。