読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

liguofeng29’s blog

個人勉強用ブログだっす。

Servlet - Filter配置方法

Servlet3.0からは下記2種類の配置方法がある。

1. Filterクラスに@WebFilterアノテーションを使う。(使用例
2. 従来方法であるweb.xmlに記述する。

WebFilterの常用属性

属性説明
asyncSupported Servletが非同期操作モードをサーポートするか
dispatcherTypes ASYNC, FORWARD, INCLUDE, ERROE, REQUESTのどのモードにFilterを適用するか
displayName Filterの表示名
initParames Filterの初期化パラメータ
servletName どのservletに対してFilterを適用するか
urlPatters/value どのURL(二つの属性は同じである)にFilterを適用するか(/*ですべて)
 

アノテーション使用注意点は
1. web.xmlの<web-app>タグにmetadata-complete="true"を指定する必要がある。
2. web.xml中に対象Filterを配置しないこと。

web.xmlにFilterを配置
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
id="WebApp_ID" version="3.1">
<filter>
<filter-name>firstFilter</filter-name>
<filter-class>FirstFilter</filter-class>
<init-param>
<param-name>encode</param-name>
<param-value>UTF-8</param-value>
</init-param>
</filter>
<filter-mapping>
<filter-name>firstFilter</filter-name>
                <!-- すべてのURLに対してFilter適用 -->
<url-pattern>/*</url-pattern>
</filter-mapping>
</web-app>