読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

liguofeng29’s blog

個人勉強用ブログだっす。

Servlet - 配置方法

Servletの配置とは簡単に言えば

ServletをWebアプリ中に配置して、リクエストがあった際にServlet

呼び出されるように設定すること。

 

Servlet3.0からは下記2種類の配置方法がある。

 

1. Servletクラスに@WebServletアノテーションを使う。(使用例

2. 従来方法であるweb.xmlに記述する。

 

WebServletの常用属性

属性説明
asyncSupported Servletが非同期操作モードをサーポートするか
displayName Servletの表示名
initParames Servletの初期化パラメータ
loadOnStartup ServletがloadOnStartupである
name Servletの名称
urlPatters/value ServletのURL(二つの属性は同じである)
 


アノテーション使用注意点は
1. web.xmlの<web-app>タグにmetadata-complete="true"を指定する必要がある。
2. web.xml中に対象servletを配置しないこと。

web.xmlServletを配置
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
  <servlet>
    <servlet-name>firstServlet</servlet-name>
    <servlet-class>FristServlet</servlet-class>
  </servlet>
  <!-- servlet配置 -->
  <servlet-mapping>
    <servlet-name>firstServlet</servlet-name>
    <url-pattern>/abc</url-pattern>
  </servlet-mapping>
</web-app>

 

上記の場合URLは下記にになる。
【http://ホスト名/コンテキスト名/abc