読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

liguofeng29’s blog

個人勉強用ブログだっす。

JSP7つのアクション指令

 
action説明
jsp:forword 画面リダイレクト指定
jsp:param パラメータ指定(他のアクションと組み合わせで使用)
jsp:include 動的にJSPページを読み込む
静的include(<%@include>)との違い:
1. 静的includeは、一つのservletになる。
    動的includeはincludeメソッドで読み込んでいる。
2. 静的includeのコンパイル指令は有効。
動的includeはBODYだけを読み込む。
3. 動的includeはパラメータ追加が可能。
jsp:plugin JavaBeanもしくはaAppletをダウンロードしクライアントで実行する
jsp:userBean JavaBeanを生成する
scope属性でインスタンスの有効範囲を指定する
1. page : ページ内
2. request : request内
3. session :session内
4. application : application内でずっと有効
jsp:setProperty JavaBeanインスタンスのプロパティを設定する
jsp:getProperty JavaBeanインスタンスのプロパティを取得する
 
jsp:forword】
<jsp:forword page="{relativeURL~<%=expression%>}">
    
<%--  リクエストパラメータを指定する  --%>
    <%--  request.getParameters()で取得可能  --%>
    <jsp:param name="paramName" value="paramValue">
</jsp:forword>

jsp:include】
<jsp:include page="{relativeURL|<%=expression%>}" flush="true|false"
    <jsp:param name="paramName" value="paramValue">
</jsp:include>

jsp:useBean】jsp:setProperty】jsp:getProperty】
<jsp:useBean id="name" class="className" scope="page|request|session|application" />
<jsp:setProperty name="beanName" property="propertyName" value="value"/>
<jsp:getProperty name="beanName" property="propertyName" />

scopeの本質は属性により、servlet内で下記を実行する。
pageContext.setAttribute("p1", p1);
request.setAttribute("p1", p1);
session.setAttribute("p1", p1);
application.setAttribute("p1", p1);