読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

liguofeng29’s blog

個人勉強用ブログだっす。

JSPの4つの基本文法

1. JSP注釈 <%-- 注釈 --%>
2. JSP宣言 <%! 宣言 %>
3. JSP式出力 <%=式%>
4. JSPスクリプトレット <% スクリプト %>
例:
<%@ page contentType="text/html;charset=Shift_jis" language="java" %>
<html>
<head>
<title>Welcome!</title>
</head>
<%-- 下記は変数とメソッドを宣言する --%>
<%!
public int count;
 
public String info(){
  return "HelloWorld";
}
%>
<body>
<%-- count値を出力する --%>
<%=count++%>
<%-- info()の戻り値を出力する --%>
<% out.println(info()); %>
</body>
</html>

 

A. count++はクライアントを跨って共有される。(インスタンス破棄まで)

 

コンテキスト内でservletはsingletonである。

 

B. 宣言には、public,private,protectedなど、static,finalなど使えるが

 

abstractは使えない。⇒servletをインスタンス化できないため。

 

C. JSP注釈はクライアントには送信されないが、HTML注釈(<!-- 注釈 -->)は送信される。

 

D. <%=式%>にはセミコロンつけれない。

 

E. JSPスクリプトレット内では、変数宣言(ローカル変数)は可能だが、メソッドは宣言できない。

 

javaメソッドメソッド定義はできないため。